シャンプーでボロボロに傷んだ髪の毛を治す方法を紹介!市販・通販シャンプーの成分や口コミ等、ヘアケア・髪の毛情報満載☆

オイルシャンプーで人気のおすすめ市販品はコレ!オイルシャンプーのデメリットも知っておこう!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ノンシリコンシャンプー・アミノ酸系シャンプーに続き登場したオイルシャンプー

「ベタベタになった」という口コミもありますが、そのような症状が出るのは正しいシャンプー選びができていないからです。

今回は多くの人が惑わされているオイルシャンプーの選び方とデメリットを説明すると共に、特に人気でおすすめできる市販品を紹介していきます。

オイルシャンプーの市販品の選び方☆
①オイルシャンプーとは?

今回紹介するオイルシャンプーですが、オイルシャンプーってどんなシャンプーかご存知ですか?

「本当はあんまりよく知らない!」という方が多いと思います。

実はオイルシャンプーには2つの種類があり、

  1. 天然由来のオイルを多く配合しているシャンプー
  2. クレンジングオイルが主成分のシャンプー

に分けられています。

本来は、1の天然由来のオイルを多く配合しているシャンプーを指していたのですが、ロレアルパリがクレンジングシャンプーなるものを発売した際に、クレンジングオイルを主成分にしたシャンプーもオイルシャンプーと呼ばれるようになりました。

今回は1の天然由来のオイルを多く配合しているシャンプーに焦点を絞って紹介していきます。

クレンジングオイルが主成分のシャンプーはあまり良くないので除外させていただきますね。

参考記事:ノープーはロレアルがおすすめ?口コミや成分が衝撃すぎる!頭皮が臭い?

オイルシャンプーの市販品の選び方☆
②シャンプー選びは洗浄成分が大事

オイルシャンプーの具体的な選び方です。

まずシャンプーで一番重要になるのは、洗浄成分です。洗浄力が強いタイプのものだと、髪の毛や頭皮をボロボロにしてしまうので選ぶ際は注意しましょう。

この洗浄成分で重要になるのは、アミノ酸です。

アミノ酸系シャンプーというのを聞いたことがありますか?

ここで言う”アミノ酸系”というのは、主にアミノ酸系の洗浄成分をメインに配合しているシャンプーのことを言います。オイルシャンプーであっても、洗浄成分はアミノ酸系のものを選ぶのがおすすめです。

アミノ酸系の洗浄成分は、適度な洗浄力と低刺激が魅力です。髪の毛や頭皮へのダメージを抑えながらも、汚れはしっかり落としてくれる性質があります。

「私は皮脂が多いから…」と、洗浄力の強いシャンプーを選ぶ人もいますが、実際はアミノ酸系の洗浄成分でしっかり汚れが落ちることがわかっています。

なので、オイルシャンプーでも、普通のシャンプーと同様にアミノ酸系の商品を選びましょう!

オイルシャンプーの市販品の選び方☆
③オイルは保湿効果が大事!デメリットも!

実はオイルにも色々なオイルがあります。

保湿効果のために配合されているオイルもあれば、シャンプーにハーブの匂いを付けるために配合されているオイルもあります。

そこで重要になるのは、保湿効果の高いオイルが配合されているかどうかになります。

有名なオイルはアルガンオイル。アルガニアスピノサ核油と成分表には記載されています。

また乾燥した時期だと、オイルだけでは補えなません。

ヒアルロン酸Naやシロキクラゲ多糖体、エモリエント効果もあるハチミツなどの優秀な保湿効果のある成分が配合されていたら嬉しいですね!


オイル成分はデメリットにも注意!

しかし、オイルはアレルギーが出てしまう人も多い成分です。

例えば、シャンプーにいい香りをつけるために配合されているラベンダーオイル

このシャンプーをラベンダーアレルギーのある人が使ってしまうと、頭皮の赤みやかゆみ・フケに悩まされたりします。

オイルはエキスよりも高濃度で配合されているためアレルギー症状も出やすくなります。そのためオイルシャンプーと言えど、あまり多くの種類のオイルを配合しているものは避けましょう。

アレルギーリスクが高いオイルは1種類~2種類で抑えられていれば、まだ安心して使えますね。

オイルシャンプーの市販品の選び方☆
ダメージ補修成分をチェック!

最後にダメージ補修成分がオイルシャンプーに配合されているのかチェックしましょう!

オイルシャンプーにはオイルがたくさん配合されているので、髪の毛もツヤツヤ・サラサラになる!と思う人が多いのですが、剥がれたキューティクルをしっかり直さないとボロボロな髪になってしまうことも。

更に、キューティクルが剥がれたボロボロの状態でオイルシャンプーを使用すると、オイルが付着してベタベタな髪の毛になってしまいます。シリコンインと同じ状況ですね。

また、剥がれた状態でオイルやシリコンが重なると、シャンプーで髪の毛を洗うたびにボロボロの髪が姿を現します。そのためシャンプーをする度に「きしんだり、ごわついたり」という状況に悩まされてしまいます。

そこで、ダメージ補修成分が配合されているシャンプーだと、しっかりキューティクルを閉じてくれるので本来の綺麗な髪の毛が戻り、加えて保湿効果の高いオイルが外のダメージから守ってくれます。


オイルシャンプーの正しい選び方の4ポイントをまとめると、

  1. 天然オイルが配合されているシャンプー
  2. 洗浄成分はアミノ酸系がメインのもの
  3. 保湿効果が高いオイルを配合しているか
  4. ペリセア等のダメージ補修成分が配合されている

という感じになります。

次はいよいよオイルシャンプーで人気のおすすめ市販品の紹介です!

☆人気のオイルシャンプー☆
おすすめの市販品3選

オイルシャンプーで人気のおすすめ市販品を紹介していきます。

粗悪な市販品は除くので、おすすめのシャンプーのみの紹介です。


①カラーズ・ザパブリックオーガニック

カラーズから発売されているザ・パブリックオーガニックシャンプー&トリートメント。

ザパブリックオーガニックシャンプーは、低刺激低洗浄力のベタイン系の洗浄成分がメインですが、アミノ酸系の洗浄成分も配合されています。

洗い心地は良いとは言えませんが、頭皮や毛髪へのダメージが少ない作りです。天然由来のオイルもたっぷり使用しているザ・オイルシャンプー。

気になる点は、オイルシャンプーのデメリットでもあるアレルギーリスクがあるオイルの多さですね。もうちょっとピンポイントで保湿効果の高いオイルを配合してほしかったな、というのが個人的な意見です。

ボトルは500mlの大容量なので、価格も1,667円と高めの設定になっています。市販品の中であれば”まずまずのオイルシャンプー”です。


②カラーズ・アルジェランモイストリペアオイルシャンプー

またもカラーズから発売されているシャンプー。アルジェランシリーズのモイストリペアです。

洗浄成分はザパブリックオーガニックシャンプーと同様の作りなので省略します。(同じ会社のシャンプーは、洗浄成分の配合が一緒であることが大半です。)

次にオイルシャンプーで大事なオイルですが、ザパブリックオーガニックシャンプーよりも多く配合されているので、アレルギーリスクが気になるところです。アレルギーが無い方であれば気にならないと思います。

更にラベンダーオイルが配合されていて、十分香り付けができているにもかかわらず、香料が配合されているのが残念です。ボトルサイズと価格は、①で紹介したザパブリックオーガニックシャンプーと同じです。

全体的な評価は①のザパブリックオーガニックシャンプーの方が若干高め


③さくらの森・ハーブガーデンシャンプー

さくらの森から発売されているハーブガーデンシャンプー

ハーブガーデンは、オーガニック人気No.1のシャンプーで成分も口コミも抜群に良いです。

大事な洗浄成分はアミノ酸系の中でも優秀なラウロイルメチルアラニンNaをメインで配合しつつ、ココイルグルタミン酸Naも配合しています。

洗浄成分に関して文句なしのシャンプーです。

更にハーブガーデンに配合されている保湿効果の高いオイルは

  • ヤシオイル
  • アルガンオイル
  • モンゴンゴオイル

などのアレルギーリスクが低いオイルを厳選して配合しています。

参考:モンゴンゴオイルの保湿効果にびっくり!配合シャンプー・トリートメントは?


また①・②には配合されていないダメージ補修成分もしっかり配合されています。

シャンプーには、キューティクルを1分弱で閉じてくれる即効性の高いジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)が配合されています。

加えてトリートメントには、ドライヤーやシャワーの熱を利用してキューティクルを閉じてくれるγ-ドコサラクトンを配合しています。

このように、ハーブガーデンは2段階でダメージ補修を行ってくれる優れたシャンプー&トリートメントです。

ハーブガーデンは、私自身もパッケージ変更前からずっと使っているおすすめのシャンプーです。

ボトル300ml1本2000円で頭皮ケアとダメージケアを同時にできるシャンプーは、ハーブガーデンだけですね。

本気でオイルシャンプーが気になる方は、ハーブガーデンの公式ページをチェックしてみて下さい☆

参考【公式HP】:ハーブガーデン公式ページで詳しい配合成分や口コミもチェック☆

ポイントまとめ

  • オイルシャンプーは選び方が重要
  • オイルにはデメリットもあることを把握
  • おすすめの人気3選を参考にどうぞ!

という感じでした!

今回紹介したオイルシャンプーは一時期の流行かもしれませんが、シャンプーの選び方の良し悪しはずっと変わることがありません。

オイルシャンプー・アミノ酸系シャンプー・ノンシリコンシャンプー、色々流行はありますが、正しい成分の選び方をすれば、どれも正しいです。

しかし、粗悪な市販品のせいで、正しいはずの情報もボヤけてしまっていますよね。

粗悪な市販品を売り付けている大手化粧品企業は無視この際無視しましょう(笑)。

そして、健康で綺麗な頭皮や髪の毛を守るためにちゃんとしたシャンプーを選びましょう☆

管理人はシャンプーハーブガーデンが一番おすすめです^^

ハーブガーデンの全成分と効果詳細

この記事を読んでくれた方におすすめの情報

植物由来100%で髪と頭皮を艶やかに♪ハーブガーデン試してみた!

保湿オイルエキス配合のサロン品ZACCパールリッチの口コミまとめ

人気記事▷天然系ボタニカルシャンプーランキング2018

ありがとうございました!

最後までご覧頂きありがとうございました!その他記事もぜひご覧ください♪SNSでシェアして頂けると非常に嬉しいです(●´ω`●)

↓↓↓Thank You For Your SHARING!!↓↓↓

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください