QH-Queen'sHair-では、市販シャンプーでボロボロに傷んだ髪の毛を治す方法を紹介や成分解析・評価のヘアケア&髪の毛を大切にする情報をお届け♪

アジエンスシャンプー成分の評価は?しっとり保湿タイプやメグリの解析・口コミも!

Rin
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Rin
QH編集部のシャンプーアドバイザー・りんです。

5年前まで、シャンプージプシーとして何百というメーカーのシャンプーとトリートメントを使って来ました。その中でも実際に使ってみて、自信を持って皆さんにもおすすめできるシャンプーやトリートメントだけに限って、紹介しています。
アジエンスシャンプー成分の評価は?
しっとり保湿タイプや
メグリの解析・口コミも!

花王から発売されているシャンプーシリーズ・アジエンス。長い間、花王の人気シャンプーの座についていましたが、実際のアジエンスシャンプー成分はどうなのか、気になりますよね!今回はアジエンスしっとり保湿タイプの成分解析の評価とメグリシリーズについても書いていきます。

アジエンスシャンプー成分の評価!しっとり保湿タイプ解析!

アジエンスシャンプー成分はしっとり保湿タイプ以外もほぼ同じ成分です。中身の成分はこんな感じ。

水、ラウレス硫酸アンモニウム、エタノール、ジステアリン酸グリコール、ラウレス-16、ラウリルヒドロキシスルタイン、イソデシルグリセリルエーテル、リンゴ酸、ザクロエキス、ハチミツ、加水分解コンキオリン、コハク酸、アロエベラ葉エキス、ラノリン脂肪酸、ヒマワリ種子油、ラウレス硫酸Na、コカミドMEA、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ステアロキシプロピルジメチルアミン、ジメチコン、ビスセテアリルアモジメチコン、PPG-3カプリリルエーテル、PPG-17、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-52、ラウレス-4、ラウレス-23、BG、ステアリルアルコール、ベンジルアルコール、塩化Na、水酸化K、水酸化Na、安息香酸Na、メチルパラベン、カラメル、香料

メインの洗浄成分は”ラウレス硫酸アンモニウム”。これは強い洗浄力と強い刺激を与える洗浄成分です。ラウレス硫酸Naと同等の刺激がある洗浄成分なので、これが入っている時点で良いとは言えません。というか、悪いシャンプーという感じですね。

2つ目の洗浄成分である”ラウリルヒドロキシスルスタイン”で上記成分の刺激緩和を図っているようですが、それでもラウレス硫酸アンモニウムは頭皮や毛髪へのダメージとなってしまいます。そしてちゃっかり成分表中段にラウレス硫酸Naが入っていますね…。笑

当サイトで成分解析したセグレタシャンプーも花王から発売されているシャンプーなのですが、正直ほとんど作りに変化はありません。(セグレタシャンプーの成分解析はコチラ) 気になる方は比較してみてください。

時代遅れのシャンプーにシリコン

セグレタシャンプーとの違いと言えば、アジエンスシャンプー成分にはシリコンが入っている点です。ジメチコンとビスセテアリルアモジメチコンの2種類のジメチコンが入っています。また、セグレタシャンプーに入っていた不要な着色料などは入っていないようです。

個人的には今どき「シャンプーにシリコン」は時代遅れだと感じています。シリコンの良し悪しよりも、シリコンが必要なのであれば、トリートメントやコンディショナーだけで十分だからです。”しっとり保湿タイプ”なので、”しっとり”をシリコンで演出したいのでしょう。ちなみに時代遅れと言えば、黄6・赤266などの着色料も時代遅れですよね…。笑

アジエンスシャンプー成分を見てみると、解析評価はひどいシャンプーという感じですね。実際に3本くらい使ったことがありましたが、ごわつき・ふけ・かゆみがひどすぎて違うシャンプーに替えました。毛髪・頭皮トラブルがある方は、すぐに違うシャンプーに替えましょう!

アジエンス・メグリシャンプーの成分も解析!

アジエンスメグリシャンプーの成分はこんな感じです。

水、ラウレス硫酸アンモニウム、 エタノール、ラウラミドプロピルベタ イン、ラウレス-16、コハク酸、ラウリル ヒドロキシスルタイン、PPG-3カプリリルエーテル、イソデシルグリセリル エーテル、ポリクオタニウム-10、ラウ レス-3、塩化Na、水酸化K、安息香 酸Na、香料

しっとり保湿タイプのアジエンスシャンプー成分と比べると、かなりコンパクトに成分表がまとまっています。洗浄成分は相変わらずラウレス硫酸アンモニウムで、強めの洗浄力・刺激が気になる洗浄成分を使用しています。

他にも洗浄成分は”ラウラミドプロピルベタイン”と”ラウリルヒドロキシスルスタイン”と呼ばれる低洗浄力低刺激の洗浄成分を配合しています。

他の成分は主に乳化剤や粘着剤、安定剤がメインになっている作りになっています。”コハク酸”を売りにしており、花王の説明によると、「髪内部をやわらかくときほぐし、しなやかな髪へ導きます。」ということらしいです。この効果が実際に現れるのかについてはかなり疑問ですね。コハク酸だけでは無理でしょう。

しっとり保湿タイプとめぐりシリーズを比較

実際に”しっとり保湿タイプ”と比較してみると、若干、メグリの方がマシという感じですね。ただし、アジエンスのメグリシャンプーは300mlで1080円くらいと、成分から見ると高すぎる価格設定をしています。

価格を高く設定している理由はもちろん広告宣伝費の上乗せ分もありますが、メグリシャンプーの場合、メグリサロンというショップを期間限定でオープンさせているようです。東京表参道・大坂梅田・札幌と現在まで全国3か所でオープンしていました。

こういう事にお金をかけるくらいなら、もっとシャンプーの中身にお金をかければいいのに…。と思いますが、大手企業のシャンプーの中身に期待するのは、もうやめた方がいいですね。

アジエンスメグリシャンプーは、価格の割りに成分が微妙!という評価です。個人的にはアジエンスのしっとり保湿タイプと同様におすすめできるシャンプーではありませんね。

ポイントまとめ

・しっとり保湿タイプはダメ
・メグリは高すぎ&成分も微妙
・どっちもほとんど同じようなもの

という感じになりました。市販でも価格1000円くらいであれば、もっと良い作りになっているシャンプーはいくつかあります。個人的におすすめなのは、頭皮環境改善したいならハーブガーデンシャンプー、カラーやパーマで髪が傷んでいてダメージ補修をしてキレイな髪を作りたいなら、ミチルノシャンプーですね。

☆ミチルノの公式HPはコチラ☆
MICHILUNOシャンプー&トリートメント 日本女性へノンシリコン専門店が贈る深い潤い

 

この記事を読んでくれた方におすすめの情報☆

髪のハイダメージに効くミチルノシャンプーって?口コミも!

天然系シャンプーランキング☆

ハーブガーデンシャンプーを3ヶ月使ったレビュー評価と感想☆

 

ありがとうございました!

最後までご覧頂きありがとうございました!その他記事もぜひご覧ください♪SNSでシェアして頂けると非常に嬉しいです(●´ω`●)

↓↓↓Thank You For Your SHARING!!↓↓↓

この記事を書いている人 - WRITER -
Rin
QH編集部のシャンプーアドバイザー・りんです。

5年前まで、シャンプージプシーとして何百というメーカーのシャンプーとトリートメントを使って来ました。その中でも実際に使ってみて、自信を持って皆さんにもおすすめできるシャンプーやトリートメントだけに限って、紹介しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください