QH-Queen'sHair-では、市販シャンプーでボロボロに傷んだ髪の毛を治す方法を紹介や成分解析・評価のヘアケア&髪の毛を大切にする情報をお届け♪

アリミノのミントシャンプーの成分を解析の評価!エクストラクールはダメ!

Rin
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Rin
QH編集部のシャンプーアドバイザー・りんです。

5年前まで、シャンプージプシーとして何百というメーカーのシャンプーとトリートメントを使って来ました。その中でも実際に使ってみて、自信を持って皆さんにもおすすめできるシャンプーやトリートメントだけに限って、紹介しています。
アリミノのミントシャンプーの
成分を解析の評価!
エクストラクールはダメ!

アリミノから発売されているミントシャンプーシリーズ。アリミノと言えばヘアワックス!と思われていますが、3種類のシャンプーが発売されています。その中でも今回はエクストラクールの成分解析と評価をしていきます。

アリミノミントシャンプーの成分の解析と評価!

アリミノから発売されているミントシャンプーエクストラクールを成分解析していきます。

水・ラウレス硫酸Na・コカミドプロピルベタイン・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・香料・DPG・レモングラスエキス・セイヨウハッカエキス・オウゴンエキス・テオブロマグランジフロルム種子脂・クエン酸・クエン酸Na・ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル・コカミドメチルMEA・ポリクオタニウム-10・ヒドロキシプロピルグアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド・BG・水酸化Na・トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン・オレス-8リン酸Na・ポリソルベート80・メチルパラベン・ブチルパラベン・安息香酸Na・EDTA-2Na

これがアリミノミントシャンプーエクストラクールの成分になります。何度も登場するシャンプーの避けたい成分No.1”ラウレス硫酸Na”がメインの洗浄成分です。もうこの時点で、エクストラクールだろうがモイストだろうが、良くないシャンプーと言えますね。。

”コカミドプロピルベタイン”で上記成分の刺激緩和をはかっていますが、”オレフィンスルホン酸Na”まで配合されています。正直、”かなりヤバいシャンプー”と言ってもいいレベルですね…。個人的にはまったくおすすめできないシャンプーです。

成分表下部にある”ブチルパラベン”を使っているのも気になりますね。最近のシャンプーのパラベン事情として、刺激の低いとされているプロピル・エチル・メチルが市販シャンプーではよく使用される傾向にあります。パラベンの中でも刺激高めのブチルパラベン使用なので、注意しましょう。

他にも安息香酸NaやEDTA-2Naなどの刺激になる成分もしっかり配合されてしまっています。洗浄成分が悪くて、更に防腐剤も微妙で、無駄ないらない成分まで入っているのが、アリミノミントシャンプーエクストラクールの特徴ですね。

成分解析の評価をするのであれば、”価格700円程度のドラッグストアに売っている悪いシャンプー”です。相当、頭皮が強い猛者であれば、問題なしかもしれませんね!

ちなみにアリミノミントシャンプーエクストラクールの価格は220㎖で1300円(税抜)と、成分の内容のわりにビックリして禿げ上がってしまうくらい高い価格設定になっています…。誰が買うんだろう…。

一応、補足までに”クール”も殆ど成分的には変わらず、価格はエクストラクールと同じという感じになってます。

エクストラクールはダメだけど、モイスチャーは?

アリミノミントシャンプーエクストラクールとクールはダメ!ということで、もう一つのナチュラルモイスチャーの成分も解析してしまいます。

水、(C12,13)パレス-3硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、BG、ココアンホ酢酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、PEG-3ヤシ油脂肪酸アミドMEA酢酸Na、コカミドメチルMEA、メリッサエキス、ユズ果実エキス、ショウガ根エキス、アロエベラエキス-1、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、テオブロマグランジフロルム種子脂、グリチルリチン酸2K、ベタイン、ヒドロキシエチルウレア、グリセリン、ポリクオタニウム-10、ヒドロキシプロピルグアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン、1,2-ヘキサンジオール、水添レシチン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、エタノール、塩化Na、クエン酸、クエン酸Na、EDTA-2Na、安息香酸Na、メチルイソチアゾリノン、香料

アリミノミントシャンプーのモイスチャーの洗浄成分は”(C12,13)パレス-3硫酸Na”がメインの洗浄成分です。正直、この洗浄成分も”ラウレス硫酸Na”系と変わらないくらい刺激&洗浄力が高い、良くない洗浄成分です。

エクストラクールと同じく”オレフィンスルホン酸Na”も含まれているので、あまり良くないシャンプーと言えます。

他の成分を比較すると、防腐剤はパラベンではなく、メチルイソチアゾリノンを使用しています。この成分は0.1%以下に抑える決まりのある成分で、できれば避けたい成分です。また、モイスチャーは成分表下部に香料が表記されています。(エクストラクールは成分表上部に表記。)

価格はエクストラクールやクールと一緒で、成分は少し違うという作りになっているのが、アリミノミントシャンプーモイスチャーの特徴ですね。個人的には使いたくないシャンプーです。成分解析の評価は、残念ながらエクストラクールと変わりません…。

アリミノシャンプーに220㎖で1300円払うなら…

正直、アリミノミントシャンプーはおすすめできるシャンプーではありません。このシャンプーに1300円払えるのであれば、別のシャンプーを検討してみた方がいいでしょう!

当サイトでもおすすめしているハーブガーデンシャンプーは、300㎖で2000円でしっかり頭皮環境を改善してくれるシャンプーです。「クール」とかの売り文句は一切ありませんが、頭皮の状態を正常に保ってくれるので、サッパリした頭皮で1日を過ごせます。

頭皮環境よりも、カラーやパーマで髪の毛のダメージが気になるのであれば、ハーブガーデンシャンプーよりもミチルノシャンプーがおすすめです。メドウラクトンの力で、キューティクルをしっかり整えることが出来ます。気になる方は、ミチルノシャンプー公式ページをチェックしてみてください。

☆今すぐミチルノの公式HPをチェック☆
MICHILUNOシャンプー&トリートメント 日本女性へノンシリコン専門店が贈る深い潤い

ポイントまとめ

・頭皮や毛髪の刺激に注意
・アリミノミントシャンプーは×
・できれば他のシャンプーを検討

という感じになりました。アリミノのヘアワックスは有名で色々な方が愛用していますが、アリミノシャンプーがみんなの愛用品になるのは難しいかもしれませんね。

この記事を読んでくれた方におすすめの情報☆

髪のハイダメージに効くミチルノシャンプーって?口コミも!

ハーブガーデンシャンプーを3ヶ月使ったレビュー評価と感想☆

髪の傷み・縮れやちりちり、パサパサにまずミチルノ!

ありがとうございました!

最後までご覧頂きありがとうございました!その他記事もぜひご覧ください♪SNSでシェアして頂けると非常に嬉しいです(●´ω`●)

↓↓↓Thank You For Your SHARING!!↓↓↓

この記事を書いている人 - WRITER -
Rin
QH編集部のシャンプーアドバイザー・りんです。

5年前まで、シャンプージプシーとして何百というメーカーのシャンプーとトリートメントを使って来ました。その中でも実際に使ってみて、自信を持って皆さんにもおすすめできるシャンプーやトリートメントだけに限って、紹介しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください