QH-Queen'sHair-では、市販シャンプーでボロボロに傷んだ髪の毛を治す方法を紹介や成分解析・評価のヘアケア&髪の毛を大切にする情報をお届け♪

無添加時代のシャンプーできしみと抜け毛が増えたという口コミも!全成分解析と評価を完全公開!

Rin
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Rin
QH編集部のシャンプーアドバイザー・りんです。

5年前まで、シャンプージプシーとして何百というメーカーのシャンプーとトリートメントを使って来ました。その中でも実際に使ってみて、自信を持って皆さんにもおすすめできるシャンプーやトリートメントだけに限って、紹介しています。
無添加時代のシャンプーできしみと
抜け毛が増えたという口コミも!
全成分解析と評価を完全公開!

リアルから発売されている無添加時代シャンプー&ヘアトリートメント。無添加時代!ということで、中身も良さそうな雰囲気満点ですよね。

確かに無添加シャンプーの割にコスパはいいですが、避けたい成分もチラホラ配合されてしまっています。また、口コミにはきしみ・抜け毛が気になるという方も多いようですね。

まずは無添加時代ヘアシャンプーの成分を見てみましょう!

無添加時代ヘアシャンプーの全成分解析と評価!

無添加時代ヘアシャンプーの全成分は、

水、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドDEA、DPG、ココイルグルタミン酸TEAオレフィン(C14-16)スルホン酸NaココイルアルギニンエチルPCA、マカデミアナッツ油、ポリクオタニウム-10、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、PEG-20ソルビタンココエート、コメヌカスフィンゴ糖脂質、カンゾウ根エキス、ヒノキチオール、ホップエキス、モモ葉エキス、ジステアリン酸グリコール、オレンジ油、メントール、クエン酸、水添レシチン、リゾレシチン、ジステアリン酸PEG-150、BG、プロピオン酸Na、酢酸Na、塩化Na、エトキシジグリコールイソプロパノール

こんな感じになります。

シャンプーで一番重要な洗浄成分は、低洗浄力低刺激のベタイン系がメインです。次に配合されているのがアミノ酸系洗浄成分の”ココイルグルタミン酸TEA”です。

このようにベタイン系+アミノ酸系の作りなので「頭皮の弱い人でも使いやすいのかな?」と思ったら、全然違いました。というのも、頭皮への刺激が気になるオレフィンスルホン酸Naも配合されていたからです。

オレフィンスルホン酸Naはラウレス硫酸Na等のフリーの市販シャンプーに、必ずと言っていいほど入っています。頭皮が弱い人は、この洗浄成分を避けましょう!

無添加時代ヘアシャンプーはノンアルコール?

無添加時代ヘアシャンプーの公式HPには、「ノンアルコール」という記載が見られます。しかし、成分表で赤色に印をつけている成分は、アルコール性の成分です。

特にイソプロパノールは、第2級アルコールとして知られている成分で脱脂性が強い成分です。成分表の一番下に記載されてはいますが、避けたい成分の一つになります。

「ノンアルコール」という記載があるにもかかわらず、なぜに第2級アルコールが使用されているのか…、謎ですね。この記載がミスなのかどうかはわかりませんが、イソプロパノールはよくない成分です

無添加時代ヘアシャンプーの全成分を評価!

ちなみに無添加時代ヘアシャンプーはドラッグストアで864円で購入することができます。アマゾンや楽天だと450円~600円の間で売られているようですね。

先ほど説明した以外の全成分を見ると、特にダメージ補修成分も入っていなければ、頭皮を乾燥からしっかり守ってくれるほどの保湿成分も入っていません。

ただただ頭皮と髪を洗うことだけを考えたシャンプーで、頭皮へのダメージも関係なし!という感じですね。まったくおすすめできません。また、無添加時代ヘアシャンプーは価格も安いので、期待通りの中身だったと言えます!

無添加時代ヘアトリートメントの全成分は?

無添加時代ヘアトリートメントの全成分も、折角なので紹介します。

水、水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール、ココイルアルギニンエチルPCA、マカデミアナッツ油、水添パーム核油、ヒドロキシエチルセルロース、パルミチン酸エチルヘキシル、ポリクオタニウム-7ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、コメヌカスフィンゴ糖脂質、カンゾウ根エキス、ヒノキチオール、ホップエキス、モモ葉エキス、PCA-Na、オレンジ油、ステアリルトリモニウムブロミド、クエン酸、水添レシチン、リゾレシチン、BG、DPG、エトキシジグリコールイソプロパノール

こんな感じです。

トリートメントということで、毛髪の保護とコンディショニング効果のあるポリクオタニウム-7や保湿・エモリエント効果のあるラウロイルグルタミン酸ジ(省略)が配合されています。

しかし、シャンプーの洗浄成分がコンディショニング基剤に代わったくらいで、シャンプーよりイイ成分が増えた!というほどではありません。

無添加時代ヘアトリートメントの価格もシャンプーと同程度の価格なので、中身も価格に準じた内容になっています。トリートメントもあまりおすすめはできません。

【無添加時代ヘアシャンプー】きしみや抜け毛が増えた!という口コミの理由は?

無添加時代ヘアシャンプーの口コミをサラッと見てみると、「きしみがひどい」「抜け毛が増えた」というものをよく見かけました。

この無添加時代ヘアシャンプーを使用して、きしみや抜け毛がひどくなったというのには3つの理由があります。

①オレフィンスルホン酸Na+イソプロパノール

②ダメージ補修成分が一切入っていない

③保湿成分が少なすぎる

特にダメージ補修成分が一切入っていないのが問題です。ダメージ補修成分が配合されていないと、髪の毛のゴワゴワが増してしまいます。加えて、キューティクルが剥がれた状態が続くので、きしみも発生!

このゴワゴワやきしみで髪の毛同士が絡み合ってしまうと、抜け毛が増える原因になります。また、保湿成分が少なすぎるため、頭皮が乾燥してしまうと炎症を起こし、髪の毛が抜けやすくなることがあります。


「ダメージ補修成分なんて必要ない!」と言って安いシャンプーに手を出す人もいますが、頭皮や髪の毛にとって危ない行為です!

今から5年後…10年後…に、薄毛で悩んでしまう可能性だってあります。シャンプー1本600円で将来薄毛になってしまうかもという不安に駆られるか、もっとイイシャンプーを使って綺麗な頭皮とサラサラな髪の毛を維持し続けるのか。

それを選ぶのは、あなたです。

参考⇒本気のシャンプーを使いたい人以外は絶対にクリックしないでください!

スポンサーリンク

ポイントまとめ

①無添加時代ヘアシャンプーは良くない!

②ノンアルコールの記載はおかしい!

③頭皮や髪の毛を綺麗に維持したいなら別のシャンプー!

という感じですね。

私自身、無添加時代ヘアシャンプーと同程度の中身の700円クラスを長い間使っていました。おかげで頭皮はカサカサでフケやかゆみがひどく、さらに髪の毛もボロボロという状態でしたね…。

今ではちゃんとしたシャンプーを使用しているので「そんな時もあったなぁ~」と思えていますが、まだ頭皮がカサカサしてフケやかゆみがひどく、髪がボロボロ!という人は、シャンプーを代えてみて下さいね!

参考⇒天然系シャンプーランキング☆

この記事を読んでくれた方におすすめの参考情報☆

髪のハイダメージに効くミチルノシャンプーって?口コミも!

ハーブガーデンシャンプーを3ヶ月使ったレビュー評価と感想☆

髪の傷み・縮れやちりちり、パサパサにまずミチルノ!

ありがとうございました!

最後までご覧頂きありがとうございました!その他記事もぜひご覧ください♪SNSでシェアして頂けると非常に嬉しいです(●´ω`●)

↓↓↓Thank You For Your SHARING!!↓↓↓

この記事を書いている人 - WRITER -
Rin
QH編集部のシャンプーアドバイザー・りんです。

5年前まで、シャンプージプシーとして何百というメーカーのシャンプーとトリートメントを使って来ました。その中でも実際に使ってみて、自信を持って皆さんにもおすすめできるシャンプーやトリートメントだけに限って、紹介しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください