QH-Queen'sHair-では、市販シャンプーでボロボロに傷んだ髪の毛を治す方法を紹介や成分解析・評価のヘアケア&髪の毛を大切にする情報をお届け♪

ハニーチェシャンプースカルプ(スパ)の成分解析と評価!モイスチャーリペアの違いは?

Rin
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Rin
QH編集部のシャンプーアドバイザー・りんです。

5年前まで、シャンプージプシーとして何百というメーカーのシャンプーとトリートメントを使って来ました。その中でも実際に使ってみて、自信を持って皆さんにもおすすめできるシャンプーやトリートメントだけに限って、紹介しています。
ハニーチェシャンプースカルプ(スパ)
の成分解析と評価!
モイスチャーリペアとの違いは?

ビューティーエクスペリエンス(旧モルトベーネ)から発売されているハニーチェシャンプー。ジューシースパとモイスチャーリペアの2種類あり、口コミには「きしむ」という声も。今回はジューシースパ(スカルプ)の成分解析と評価のついでに、2種類の違いも紹介します。

ハニーチェシャンプースカルプ(ジューシースパ)の成分解析と評価

ハニーチェシャンプースカルプ(ジューシースパ)の成分を解析していきます。

水、コカミドプロピルベタイン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウロイルメチルアラニンNa、塩化Na、グリセリン、コカミドメチルMEA、ハチミツ、レモン果皮油、グレープフルーツ果皮油、ライム油、オレンジ油、メリッサ葉エキス、インドレモングラス油、セイヨウハッカ油、ローズマリー油、モロッコ溶岩クレイ、海塩、カオリン、ケラチン(羊毛)、アルガニアスピノサ核油、オリーブ油、バオバブ種子油、ホホバ種子油、メントール、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-64、ポリクオタニウム-73、トコフェロール、PEG-14ポリグリセリル‐2エーテル、クエン酸、EDTA-2Na、メチルイソチアゾリノン、安息香酸Na、香料

低刺激・低洗浄力の洗浄成分である”コカミドプロピルベタイン”がメインの洗浄成分になっています。洗浄力が強めで皮膚刺激が気になる”オレフィンスルホン酸Na”が2番目に記載されているのは気になりますね。3番目にはアミノ酸系洗浄成分であるラウロイルメチルアラニンNaが入っています。

洗浄成分的にはオレフィンスルホン酸Naが気になります。頭皮の弱い人は避けたい成分ですね。価格が1本900円前後・洗浄成分は”まずまず”なので市販シャンプーの中では、使いやすいシャンプーになりそうですね。

ハニーチェということで”ハチミツ”が配合されているのが特徴的です。毛髪や頭皮の水分蒸発を防いでくれるエモリント効果が期待できます。その効果のためなのか、使用しているシャンプーに普通の”はちみつ”を混ぜて使っている人もいるようですね。

他にも頭皮や毛髪の保湿をしてくれる成分が多く含まれているのがハニーチェシャンプースカルプの特徴ですね。成分表の下に記載されている”EDTA-2Na”以下の成分は、900円前後の市販シャンプーによく見られる”無駄ないらない成分”です。(ハーブガーデンシャンプー等の通販シャンプーには入っていない)

ハーブガーデンシャンプーのお試しを3ヶ月使ったレビュー評価と感想☆

ハニーチェシャンプースカルプ(ジューシースパ)を成分・価格から評価していくと、”まずまず”の市販シャンプーという感じですね。洗浄成分の作りからシャンプーのみだと、髪のきしみやゴワゴワが気になりそうです。ビューティーエクスペリエンスから発売されているアップリノシャンプーもハニーチェシャンプーに似た作りでした!

ハニーチェはトリートメントもノンシリコン!

ノンシリコン!と謳いながらも、シャンプーだけノンシリコンでトリートメントはシリコンが入っているというシリーズは多くあると思います。ハニーチェはトリートメントもノンシリコンで作られています。

水、セテアリルアルコール、グリセリン、ミネラルオイル、ステアルトリモニウムクロリド、ミリスチン酸イソプロピル、DPG、ベヘントリモニウムクロリド、ハチミツ、レモン果皮油、グレープフルーツ果皮油、ライム油、オレンジ油、メリッサ葉エキス、インドレモングラス油、セイヨウハッカ油、ローズマリー油、モロッコ溶岩クレイ、海塩、カオリン、アルガニアスピノサ核油、オリーブ油、バオバブ種子油、ケラチン(羊毛)、ポリクオタニウム‐64、メントール、トロフェロール、ジアルキル(C12-18)ジモニウムクロリド、ステアリン酸グリセリル、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、コカミドMEA、クエン酸、クエン酸Na、イソプロパノール、メチルイソチアゾリノン、香料

こちらも”ハチミツ”がメインの保湿成分として配合されている作りです。

気になるのは頭皮や毛髪への刺激が強いとされている”ステアルトリモニウムクロリド””ベヘントリモニウムクロリド”が含まれている点です。一時的にきしみやごわごわなどの髪質を改善してくれますが、刺激が強いので頭皮には絶対に付けないようにしましょう!

”ステアルトリモニウムクロリド”に至っては旧表示指定成分ということで、まれにアレルギーが出る場合がある成分でもあります。ハニーチェのトリートメントでフケやかゆみが気になるのであれば、別のシャンプー・トリートメントシリーズを検討しましょう。

シャンプーもトリートメントもノンシリコンのタイプは珍しいのですが、ハニーチェのトリートメントは良いとは言えませんね。ノンシリコントリートメントできしみやゴワゴワ、髪の広がりなどの髪質を改善したいのであれば、ミチルノシャンプーがサラサラになると口コミでも話題になっています。

参考ミチルノシャンプー・極上のサロン品質がハイダメージに効く!気になる口コミは?

ハニーチェシャンプーの2種類を比較!

ハニーチェシャンプーのジューシースパとモイスチャーリペアの成分を比較してみると、ジューシースパには含まれていたアミノ酸系洗浄成分はモイスチャーリペアには含まれていないようです。メインとなる”ハチミツ”や”アルガンオイル”は変わらずに含まれています。

ジューシースパがサッパリ&しっとり!であれば、モイスチャーリペアはしっとり!という感じの仕上がりになります。使いやすいのはジューシースパ(スカルプ)の方でしょう。

ポイントまとめ

・市販では”まずまず”
・トリートメントは”イマイチ”
・ジューシースパの方が良い

という感じになりました。ハニーチェは個人的にもお世話になっていた期間が長めのシャンプーでしたが、ハニーチェでも冬場の頭皮のフケはやっぱり止まりませんでした。フケや痒みを考えるのであれば、また違うシャンプーが必要になります。またシャンプーのみだときしみましたね…。

この記事を読んでくれた方におすすめの情報☆

髪のハイダメージに効くミチルノシャンプーって?口コミも!

髪の傷み・縮れやちりちり、パサパサにまずミチルノ!

ありがとうございました!

最後までご覧頂きありがとうございました!その他記事もぜひご覧ください♪SNSでシェアして頂けると非常に嬉しいです(●´ω`●)

↓↓↓Thank You For Your SHARING!!↓↓↓

この記事を書いている人 - WRITER -
Rin
QH編集部のシャンプーアドバイザー・りんです。

5年前まで、シャンプージプシーとして何百というメーカーのシャンプーとトリートメントを使って来ました。その中でも実際に使ってみて、自信を持って皆さんにもおすすめできるシャンプーやトリートメントだけに限って、紹介しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください