シャンプーでボロボロに傷んだ髪の毛を治す方法を紹介!市販・通販シャンプーの成分や口コミ等、ヘアケア・髪の毛情報満載☆

Nature&Coのボタニカルシャンプーの成分を解析!口コミ評価の満足度が低い理由はケア不足?【ネイチャーアンドコー:KOSE】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Nature&Coのボタニカルシャンプーの
成分を解析!
口コミ評価の満足度が低い理由はケア不足?
【ネイチャーアンドコー:KOSE】

コーセーより発売されているNature&Coボタニカルシャンプー。流行りのボタニカルを前面に押し出している割に、口コミ評価で使用感の悪さが指摘されていますよね。

その理由は一つ!Nature&Coのボタニカルシャンプーには、髪の毛のダメージケア成分が不足しているからです。

参考⇒周りが見惚れるサラサラでキレイな髪の毛を作るならハーブガーデンシャンプー♪公式サイトはコチラ☆

Nature&Co(ネイチャーアンドコー)ボタニカルシャンプーを成分解析!

Nature&Co(ネイチャーアンドコー)ボタニカルシャンプーの成分は、

水・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・コカミドプロピルベタイン・ココアンホ酢酸Na・ココイルメチルタウリンNa・オリーブ果実油・キラヤ樹皮エキス・サボンソウ葉エキス・ムクロジエキス・BG・EDTA-2Na・PG・PPG-2コカミド・イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油・エタノール・クエン酸・コカミドMEA・ポリクオタニウム-10・ラウリン酸PEG-2・塩化Na・メチルパラベン・安息香酸Na香料

こんな感じです。

全体的にダメダメな成分ばかりが配合されているシャンプーと言えます。

まずシャンプーで一番大事な洗浄成分ですが、Nature&Coボタニカルシャンプーでは”オレフィン(C14-16)スルホン酸Na”がメインで使用されています。

この”オレフィン(C14-16)スルホン酸Na”はよくある市販のサルフェートフリー(ラウレス硫酸Na等の刺激・洗浄力が強い成分が配合されていない)シャンプーに配合されている成分です。

しかし、ラウレス硫酸Naと変わらない脱脂力・刺激が強い洗浄成分として有名です。この洗浄成分がメインで配合されているシャンプーは避けるようにしましょう。

Nature&Coシャンプーの他の成分は?

次にNature&Coボタニカルシャンプーは、保湿成分が極端に少ない印象です。

ただでさえ”オレフィンスルホン酸Na”でバリア機能を持っている皮脂まで落としているにもかかわらず、しっかりとした毛髪保護成分や保湿効果の高い成分が少なすぎです。

唯一配合されている保湿効果が高い成分は、オリーブ果皮油だけです。また、毛髪のキューティクルを補修してくれるようなダメージ補修成分は一切配合されていないので、パサパサな髪の毛をサラサラにするのは難しいでしょう。

Nature&Coボタニカルシャンプーはいらない成分が多い!

ハーブガーデンのような天然由来成分100%で作られていて、口コミ評価が高いシャンプーと比べると無駄ないらない成分がとても多いです。

Nature&Coボタニカルシャンプーの成分表の”EDTA-2Na”以下の成分のほとんどが、その無駄ないらない成分に該当します。

毛髪保護成分やダメージ補修成分がしっかり配合されているハーブガーデンの成分表と見比べると一目瞭然なので、是非気になる人はハーブガーデン公式サイトの下部にある成分表と見比べてみてください。

Nature&Co(ネイチャーアンドコー)ボタニカルシャンプーの成分解析の総合評価!

Nature&Coボタニカルシャンプーに配合されている成分は、ハッキリ言って三流シャンプーという感じです。

ボトル1本500mlで1600円前後する価格を考えると、総合評価は”買うべきではないシャンプー”です。よくある市販品の900円前後のシャンプーと同等の評価と言えます。

なんで、900円前後のシャンプーと同じような成分なのに1600円もするの?と思われるかもしれません。これはボトルやパッケージのデザイン料の上乗せと考えておきましょう。

というのも、公式サイトに行けばデザインコンセプトなるものがあり、そこにお金を掛けていることが伺えます。正直、シャンプーの良し悪しはデザインで決まりません。

シャンプーの中身で良し悪しは決まります。シャンプーの中身にお金を掛けていない時点で、Nature&Coボタニカルシャンプーは消費者のことを一切考えていないと言えますね、残念です。

参考記事⇒天然由来成分100%!ハーブガーデンシャンプーを3ヶ月使ったレビュー評価と感想☆

Nature&Coボタニカルのコンディショナーもダメ!

次にセットで販売されているNature&Coボタニカルのコンディショナーの成分もみましょう。

水・PG・水添ヤシ油・エチルヘキサン酸セチル・セテアリルアルコール・ジステアリルジモニウムクロリド・アーモンド油・アルガニアスピノサ核油・オリーブ果実油・セージ油・トコフェロール・PEG-10水添ヒマシ油・イソプロパノール・ステアリン酸グリセリル・ベヘニルアルコール・ベヘントリモニウムクロリド・ポリクオタニウム-39・水添パーム油・メチルパラベン・安息香酸Na・香料

こちらもシャンプー同様に無駄ないらない成分が多数配合されています。

Nature&Coボタニカルのコンディショナーにはアーモンド油やアルガンオイル等の保湿成分が配合されていますが、本来であればシャンプーに配合しておいてもらいたい成分ですね。

また、シャンプーと同じくダメージ補修成分や毛髪保護成分が配合されていないので、コンディショナーとしての役割を果たせていません。

Nature&Coボタニカルシャンプーとコンディショナーをセットで購入すると、3200円以上になります。シャンプーの中身の割に、価格はかなり高めと言えます。そのため、おすすめできません

Nature&Co(ネイチャーアンドコー)ボタニカルシャンプーの口コミ評価の満足度が低い理由は?

Nature&Coボタニカルシャンプーは先ほども述べた通り、配合されている成分の割に価格が高い傾向にあります。

また、口コミ評価の中には「シャンプー時のきしみ・ごわつきがひどい!」というものから、「シャンプー後に髪がめちゃくちゃ絡まる」というのもあります。

このように口コミ評価の満足度が低い理由は、シャンプーの洗浄成分に”オレフィンスルホン酸Na”を使用しているからです。また、シャンプーとコンディショナーの両方にダメージ補修成分や毛髪保護成分が配合されていないのも問題ですね。

このNature&Coボタニカルシャンプーは、消費者の毛髪のことを考えているとは言えないシャンプーなので、満足度が低いのは、当然の結果と言えます。

また、髪の毛は常に紫外線や摩擦などのダメージを受け続けるカラダの一部です。そのためしっかりとしたダメージケア成分を配合したシャンプーでなければ、将来的に薄毛や頭皮のかゆみ・フケに悩まされることになります。

そのため、”ジラウロイルグルタミン酸リシンNa””γ-ドコサラクトン”等の剥がれたキューティクルを補修してくれるダメージケア成分や、”モンゴンゴオイル”のような紫外線から毛髪を守ってくれる成分が配合されているシャンプーを選びましょう!

参考⇒ダメージ補修成分や毛髪保護成分が配合!天然由来成分100%の人気のシャンプーはコチラ☆

スポンサーリンク

ポイントまとめ

・Nature&Coボタニカルシャンプーはダメ!

・ボトルデザインにお金を掛けている模様!

・髪の毛のことを考えたシャンプー選びを!

という感じですね。

実際に頭皮の痒みやフケ、髪の毛のパサつきや広がりで悩んでいる人は本当に多いですよね。私も長年悩んでいましたが、ハーブガーデンを使用することで頭皮と毛髪のトラブルが治っています。

シャンプージプシーの方は、是非他のコンテンツにも目を通してみて下さい☆

この記事を読んでくれたあなたにおすすめの参考情報☆

髪のハイダメージに効くミチルノシャンプーが高評価の理由は?

天然系シャンプーランキング☆

ハーブガーデンシャンプーを3ヶ月使ったレビュー評価と感想☆

ありがとうございました!

最後までご覧頂きありがとうございました!その他記事もぜひご覧ください♪SNSでシェアして頂けると非常に嬉しいです(●´ω`●)

↓↓↓Thank You For Your SHARING!!↓↓↓

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください