シャンプーでボロボロに傷んだ髪の毛を治す方法を紹介!市販・通販シャンプーの成分や口コミ等、ヘアケア・髪の毛情報満載☆

ドライソケットの症状や早く治す方法は?自然治癒には危険性の理由!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

抜歯をしたあとに、かさぶたが定着せず

骨がむき出しになるドライソケット

痛み止めがほとんど効かず、激痛のため

寝ることもできません。

 

詳しい症状や早く治す方法、

そして、自然治癒の危険性について

わかりやすくお伝えします。

 

ドライソケットの症状

ドライソケットは、抜歯後に血があまり出ず

かさぶたが形成されなかったり、うがいで

かさぶたが流れてしまった時に起こります。

特に、下の親知らずを抜いた時になりやすく

下の歯の下部には神経と骨が通っているため

かさぶたがなくなるとむき出しになり、

激痛を感じるようになります。

 

症状は相当な痛みで、一番強い鎮痛剤である

ボルタレンも2~3時間しか効かず、

ひどい場合にはほぼ効きません。

そのため、夜になっても全く寝られずに

次の日に病院へ直行することになります。

スポンサーリンク

 

ドライソケットを早く治す方法

ドライソケットは、病院へ行くと

患部を刺激して血を流させて、かさぶたを

再び形成させる方法を取られます。

しかし、それはそれで痛みを伴うので

もう一つは、患部に抗菌したガーゼを入れ

2~3日に一回取り替えて傷口を1か月かけて

塞いで行く方法があります。

 

再び血を流す方法だと傷口が塞がるのが

1週間と早いですが、出血の少ない人は

かさぶたが出来づらい体質なので

ガーゼを入れる措置がなされます。

 

どちらの場合でも、早く治るためには

傷口に新しい皮膚を形成することが

一番重要になります。

早く治る方法は下記事にまとめているので

そちらをご覧ください。

重湯と亜鉛で傷口が早く治る理由は?

 

自然治癒には危険性の理由

ドライソケットを、病院へ行かずに

自然治癒で治すのはとても危険です。

むき出しになっている骨に物が当たり

痛みとなっている場合はまだ良いですが、

そこから感染を起こして骨炎になると

1か月間、抗生物質を飲み続けなければ

ならない事態になります。

 

最悪の場合は、骨炎から骨壊死になり

顎の骨を取る大手術になることもあり、

ドライソケットの自然治癒の危険性は

かなり高いのです。

抜歯から2~3日経ち、痛み止めが効かずに

夜も眠れないという時には

すぐに病院へ行くようにしましょう。

 

ポイントまとめ

・ドライソケットは眠れないほどの激痛

・傷口回復に重要な食物を摂る

・自然治癒の危険性を考慮し、病院へかかる

 

ドライソケットはとても痛いですが

病院へかかると、すぐに麻酔をして

患部を塞ぐ処置をしてくれるので、

眠れないほどの激痛から解放されます。

迷わず病院へかかりましょう。

 

最後までご覧いただき有難うございます。

関連記事にも、気になるものがありましたら

ぜひ覗いて行ってくださいね^^

【関連記事】

ほんまでっかL8020乳酸菌ヨーグルトで虫歯や歯周病にならない口に!購入方法!

ミュータンス菌の危険性はラクトバチラス菌が関係!減らす方法とは?

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください