シャンプーでボロボロに傷んだ髪の毛を治す方法を紹介!市販・通販シャンプーの成分や口コミ等、ヘアケア・髪の毛情報満載☆

正しい歯磨きにはコツがある!虫歯を防ぐやり方【矯正場合含む】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

正しい歯磨きの仕方

歯科に通うと教えてもらえますが

歯科が勧める虫歯を防ぐ歯磨きのコツ

まとめてお伝えします。

 

歯磨き粉の選び方は?

歯磨き粉はフッ素入り

泡立ちすぎないものを選びましょう。

0,5センチほど出すくらいが丁度良いです。

歯の着色が気になる方は

ホワイトニング効果のある歯磨き粉を

選んでみることをおすすめします。

アパガードリナメルは安値でも驚きの効果!【ホワイトニング】

 

とにかく丁寧に磨く!

歯は丁寧に

一本一本優しく磨くことを心がけましょう。

歯ブラシは強く握らず

“鉛筆の持ち方で軽く持つ”を意識して

磨くと上手く行きます。

歯ブラシを横にしたり縦にしたりすると

歯のあらゆる部分に

歯ブラシの毛先がしっかりあたりますよ。

 

歯茎の歯周ポケットの汚れには

歯茎に歯ブラシを斜め45度であて

細かく動かして磨きましょう。

強くあてたり磨き過ぎたりしまうと

歯茎が下がって行き

知覚過敏などを引き起こしてしまうので

気を付けましょう。

 

舌の汚れには舌磨きという

舌専用の歯磨きがおすすめです。

口臭の元にもなる

舌苔予防にもなります。

口臭には個人差がある!誰でも治せる方法【原因予防解説】

 

デンタルフロスは必須!

どんなに歯磨きを頑張っても

歯と歯の間の

溝にある歯垢(しこう)までは

取り除くことが出来ません。

そこで、デンタルフロスを活用しましょう。

デンタルフロスを歯の間に入れたら

左右の歯の溝にある歯垢を

拾い上げるように除去します。

歯の表側・裏側両方とも行いましょう。

歯垢を毎日とることで

歯石が出来る頻度も遅く出来ます。

 

ワンタフト歯ブラシを活用

歯並びが悪いなどで

歯磨きの行き届かない箇所には

ワンタフト歯ブラシを活用しましょう。

奥に沈み込んでいる歯や

矯正装置の隙間の汚れにも効果てき面です。

また、凹んでいて磨きづらい

前歯の裏の歯茎との境目も

ワンタフト歯ブラシだと簡単に磨けます。

 

また、矯正中の方は

太めの歯間ブラシで矯正装置の間の

歯ブラシの入らない部分を磨きましょう。

歯間ブラシを“ミニ歯ブラシ”として

使うイメージです。

私はワンタフトと歯間ブラシを併用し

虫歯の出来やすい矯正中を乗り切りました!

セラミック矯正は後悔する?安い料金と短期間のデメリットは?

 

仕上げにはペーストを!

仕上げの30分放置フッ素入りジェル

フッ素が胃で分解されると

ガンを招く危険性物質となる

可能性があると言われているため

個人的にはおすすめしません。

30分も口の中に置いていると

唾液と共に呑み込んでしまう可能性が

高くなります。

 

そこでおすすめしたいのがMIペースト

歯の再石灰化を促す

リカルデントやミネラルが配合された

歯のパックが出来るペーストです。

虫歯の前状態であるう蝕の発症

防ぐ効果を持っており

フッ素入り歯磨き粉と併用することで

虫歯をしっかり防ぎます。

 

また、

歯磨きを終え塗ってから就寝することで

寝ている間の虫歯菌増殖を抑えてくれます。

(MIペーストHP)

※注意※

牛乳成分を含むため

アレルギーの方は使えません。

 

今回の大事なポイント

正しいおすすめ歯磨き方法は

・丁寧なブラッシング

・デンタルフロスで歯間の歯垢除去

・届かないところはワンタフト歯ブラシ

・MIペーストで仕上げ

です。

実践して虫歯のない綺麗な歯を

維持して行きましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください