シャンプーでボロボロに傷んだ髪の毛を治す方法を紹介!市販・通販シャンプーの成分や口コミ等、ヘアケア・髪の毛情報満載☆

ミュータンス菌の危険性はラクトバチラス菌が関係!減らす方法とは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

虫歯を引き起こす原因菌として

知られるミュータンス菌

しかし、虫歯にはラクトバチラス菌

関係していることはご存知でしょうか?

口の中で菌が増殖する経緯と

減らす方法についてお伝えします。

 

なぜ虫歯ができる?

虫歯の元のミュータンス菌は

口の中の食べカスを餌にして増殖します。

食べカスを分解する際に酸を発生させ

酸は歯の表面溶かし柔らかくします。

そして、ミュータンス菌は

歯の表面にヌメヌメバイオフィルムを形成

虫歯の温床を作って行きます。

そのバイオフィルムの中に入った

ラクトバチラス菌

虫歯を形成し、広げていくのです。

 

このラクトバチラス菌は、炭水化物や砂糖

乳酸菌飲料に含まれるミュータンス菌と同じ

口の中の常在菌であるため

食後の歯磨きで食べカスをとること』が

根本的な虫歯予防になります!

 正しい歯磨きにはコツがある!虫歯を防ぐやり方【矯正場合含む】

 

 ミュータンス菌を減らすには?

〈食後はキシリトールガムを噛む!〉

キシリトールガムのキシリトール糖は

ミュータンス菌が餌に取り込んでも

を出さない糖です。

むしろ、キシリトールはミュータンス菌に

取り込まれることでミュータンス菌の

消化能力を落とし、結果ミュータンス菌を

減らしていきます!

 

また、ガムを噛むことで唾液分泌が促進され

歯の再石灰化が促され歯が強くなります。

キシリトール糖とガムを噛むことの

二つの効果によって虫歯は予防されます

 

虫歯菌が繁殖しバイオフィルムを形成する

食後30分以内に、キシリトールガムを

噛むことが虫歯対策に重要な手段です!

スポンサーリンク

※注意点※

キシリトールは効果の見込める

100%配合の歯科専用キシリトールガムが

おすすめです。

 

また、食事中は歯の表面が溶けるため

食後は唾液中のミネラルを歯が取り込む

再石灰化が行われています。

再石化中に歯を磨いてしまうと、

歯が元の状態に戻れず象牙質が表に出てきて

・歯が黄ばんで見える

知覚過敏を引き起こす

ということがありますので、

食後30分以内での歯磨きはやめましょう

 

〈フッ素入り歯磨きで磨く!〉

ミュータンス菌はフッ化ナトリウム(フッ素)

に弱いため、フッ素入りの歯磨きで磨くと

虫歯ができにくくなります。

(歯磨きを終えたあとにフッ素ジェルを塗り

30分置くという方法もありますが、

フッ素は胃で分解されるとガン化する

という研究結果もあるため

私はあまりおすすめしません^^;)

 

〈定期的にPMTCを受けよう!〉

歯科で保険適用できるPMTCという

歯と歯茎のクリーニングはご存知ですか?

虫歯の温床であるバイオフィルムを

取り除くことができ、定期的に通うことで

虫歯や歯周病を防ぐことが出来ます。

 

歯磨きの上手い方だと半年に一回

歯磨きが苦手だなーと心配な方だと

3カ月に一回が好ましいそうです!

歯石や着色もとれて歯が綺麗に見えるし

気持ちが良いので私もおすすめです^^

 

みんなが選んでる良い歯医者は?

全国の歯医者さんが探せる歯科ポータルサイト☆口コミ歯科・歯医者☆

 

ラクトバチラス菌を減らすには?

〈だらだら食べをやめる〉

食事を一日何回もしたり糖を含む飲み物を

頻繁に摂取していると、口の中は常に

酸性に傾いて虫歯菌が増え続けます。

食事はできるだけ決まった回数で抑え

歯磨きが出来ない場合はガムを噛んで

口の中のの酸性化を防ぎましょう

 

〈歯磨きはデンタルフロスを用いる!〉

一日一回はデンタルフロスを用いると

歯磨きだけでは取り切れなかった歯垢を

きちんと除去することができます。

デンタルフロスって何!?という方も

いらっしゃると思いますが

小林製薬の糸ようじがソレです!

 

まとめ

虫歯を防ぐには虫歯菌の増殖を防ぐ

ということが一番のポイントです。

・食後30分はキシリトールガム100を噛む

・歯磨き粉はフッ素配合のものを選ぶ

・歯磨きにはデンタルフロスも用いる!

・歯科で定期的なクリーニング(PMTC)

 

ミュータンス菌とラクトバチラス菌の関係や

虫歯の予防方法をお伝えいたしました☆

歯に関する関連記事も興味がある方は

ぜひ覗いて行ってください^^

【おすすめ関連記事】

オイルプリングのもたらす虫歯菌を減らすなどの様々な効果を紹介

口臭には個人差がある!誰でも治せる方法【原因予防解説】

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください