シャンプーでボロボロに傷んだ髪の毛を治す方法を紹介!市販・通販シャンプーの成分や口コミ等、ヘアケア・髪の毛情報満載☆

カサカサ肌質改善の保湿ケアはやり方に鍵アリ!美肌になる3ステップとは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

季節の変わり目や乾燥する時期は

肌がカサカサして嫌になりますよね。

しかし、

乾燥肌はしょうがないと諦めるのは

まだ早いかもしれません。

乾燥を防ぐ最善のやり方を

詳しくまとめてみました。

 

正しい洗顔をする!

乾燥の最も大きな原因は洗いすぎです。

肌に必要な油分まで洗い流してしまうと

乾燥するのと同時に余分な皮脂分泌を招き

『おでこや鼻はテカるのに

頬や目の周りは乾燥している』

という状態も招きます。

そこで、洗顔は最高でも

一日二回までにしましょう。

 

〈朝の洗顔方法〉

常温かぬるめの水で洗うだけで十分です。

しかし、夜中に汗をかき

皮脂の臭いが気になる時もありますよね。

その場合は熱く感じない程度のぬるま湯で

油を溶かすように指で気になる部分を

マッサージしながら洗いましょう。

朝に洗顔料を使ってしまうと

その日一日乾燥してしまうことになるので

気を付けてくださいね。

 

〈夜の洗顔方法〉

メイクなしの時は朝と同様です。

皮脂の臭いが気になる場合にのみ、

夜は洗顔料を使いましょう。

あくまでも自分の持つ油分を大切にする

という観点を忘れないようにしてください。

 

メイクありの時は

メイクを浮かせて落とすオイル洗顔

おすすめします。

顔の上になじませるイメージでやり

決してこすらないようにしましょう。

1分ほど待ってから、ぬるめの水で

オイルのぬるぬる感が気になる方は

熱く感じない程度のぬるま湯で

しっかり落としましょう。

 

ウォータープルーフの場合は

オイルを乗せたまま3分ほど待ってから

落としてみてください。

3分おくことで頑固なメイクも

意外にあっさりと落ちくれますよ。

 

保湿は濡れたままの状態でまずオイル!

肌は洗顔後そのまま水分を拭いてしまうと

すぐに乾燥していってしまいます。

そこで、濡れたままの状態で

保湿用オイルを1円玉大で手に取り

顔に広げましょう。

水分が飛んで行ってしまうのを

しっかり防いでくれます。

その後にタオルで軽く水を拭いてください。

その時にも決して

こすらないようにしてくださいね。

 

ちなみにこの方法は

ボディにおいても同じです。

お風呂上がり、ボディクリームを塗る前に

オイルでコーティングしていると

更にしっとりとした肌触りになりますよ。

 

化粧水はすぐに!パックで浸透させる!

オイルでコーティングをしても

水分蒸発を防ぐのには限界があります。

化粧水は出来るだけ早くしましょう。

また、部屋の湿度を高めておくために

加湿器はマストアイテムです。

夜はボディクリームを塗り服を着てから

化粧水に取り掛かるという方には

加湿器はますますなくてはなりません。

 

そして、

コットンは5枚ほどに分けられる

厚手のものを選びましょう。

化粧水をコットンたっぷりに取り

肌の状態に合わせて

最低でも3回は入れ込みましょう。

トントンと刺激にならないように

優しく入れ込んでくださいね。

乾燥のひどいとき

5回は入れ込みましょう。

 

次は美容液。

これも同じコットンで

トントン入れ込みましょう。

美容液はお使いものを必ず規定量で

使いましょう。

 

乳液も同じコットンを使います。

肌の状態に合わせて分量を決め

顔全体に広げてください。

そして、

コットンをめくって5枚に分けて

口・鼻・おでこ・両目の下に貼ります。

その状態で3分ほどパックしてください。

長く置きすぎると逆に乾燥するので

注意してくださいね。

 

3分経ち保湿成分がしっかり

肌に吸収されたところで

パックを取り、クリームを塗りましょう。

化粧水や乳液は

安価なものでも平気ですが

クリームは最後の要なので

成分の良いものを選びましょう。

 

そして、クリームを塗る時には

リンパマッサージを兼ねることを

おすすめします。

顔自体があったまるので

一層保湿効果を上げることが出来ますよ。

リピート率脅威の89.7%以上!!低刺激性保湿クリーム【水の彩】

 

まとめ

乾燥を防ぐ潤い美肌は

・正しい洗顔

・濡れた状態でオイルを塗る

・早めの化粧水とコットンパック

の3ステップで導くことが出来ます。

短期間で肌質改善!毛穴やシミをなくし美白に導く注目のミネラル成分とは?

カサカサ肌質改善を目指すあなたは

今日から始めてみましょう!



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください