シャンプーでボロボロに傷んだ髪の毛を治す方法を紹介!市販・通販シャンプーの成分や口コミ等、ヘアケア・髪の毛情報満載☆

脂漏性皮膚炎で頭皮にフケやかさぶたが!治らない市販薬よりも病院へ!【原因を考えて完治】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
  • 「頭皮のフケやかゆみが治らないけど、これって脂漏性皮膚炎なの?」
  • 「頭皮のかさぶたが剥がれてヒリヒリする…」

と、頭皮の脂漏性皮膚炎は大変ですよね。

私自身、突然脂漏性皮膚炎になったことがあり、頭皮がかゆくてフケが出て赤くなりかさぶたが出来たことがありました。

すぐに病院へ行き、お医者さんから処方されたステロイド剤(塗り薬)と飲み薬を併用して、シャンプーを利用することで治りました。今回はこの時の完治までの流れを紹介します。

頭皮に脂漏性皮膚炎が…。フケと赤みとかゆみとかさぶたも!

頭皮の脂漏性皮膚炎になると、皮膚の赤みはもちろんですが、フケやかゆみも伴ってしまいます。これだけの症状が重なると本当にきついですよね。特にかゆみが一番大変です。

かゆみ⇒頭皮を掻く⇒赤くなる⇒かゆみが増す…。と悪循環になっていき、フケの量も増えてしまい、衛生的にあまりよくありません。

よく「脂漏性皮膚炎専用シャンプー」で脂漏性皮膚炎を治そうとしている方も多いようですが、脂漏性皮膚炎は皮膚の病気です。少しでも「脂漏性皮膚炎かもしれない!」と思ったら、近くの皮膚科に行きましょう!

頭皮の脂漏性皮膚炎かもしれない?と思ったら…病院へ!

私も「まさか自分が脂漏性皮膚炎になる」なんて思ってもいませんでした。

というのも、私はいつもパサパサの乾燥肌の体質なので「皮脂の分泌が増えて、脂漏性皮膚炎になる」なんて考えることもありませんでした。

特にかゆみが出てきてフケが増えてきた時が一番大変でした。この時はちょっと掻くだけで頭皮にかさぶたが出来てしまい、赤みもひどくなっていくので、鏡を見るたびに憂鬱ですよね。

その後すぐに病院へ行き、脂漏性皮膚炎の原因を聞き、その原因を取り除く生活を行いながら治療を行った結果、脂漏性皮膚炎の症状は治まり、ぶり返すこともありませんでした。

頭皮の脂漏性皮膚炎を治す!脂漏性皮膚炎になった原因と治し方☆

まずは頭皮の脂漏性皮膚炎ができる仕組みと原因を先生から聞きました。

頭皮の脂漏性皮膚炎を治す!脂漏性皮膚炎の仕組み

頭皮の脂漏性皮膚炎を治すためには、なぜ脂漏性皮膚炎が起こってしまったのかという仕組みと原因を知らなければいけません。

まず頭皮にはカビ菌が常在しています。そのカビ菌が皮脂を分解し、その分解の過程で生成される脂肪酸が皮膚に炎症を起こすと言われています。

なので、皮脂が出やすい顔のTゾーン・頬骨上・頭皮は脂漏性皮膚炎になりやすいとのこと。特に皮脂の過剰分泌などが起こってしまうと脂漏性皮膚炎が発生し、悪化していきます。

つまり、皮脂の代謝が狂って皮脂が過剰分泌されてしまうと、脂漏性皮膚炎になってしまいます。

頭皮の脂漏性皮膚炎になってしまう根本的な原因は?

私が病院に行き、先生から言われた原因はこの5つです。

  1. ストレス(肉体的・精神的)
  2. ビタミンB2・B6不足
  3. ホルモンバランスの乱れ
  4. 不規則な生活
  5. 皮脂の貯留(洗髪・入浴不足)

意外かもしれませんが、このような原因で皮脂の代謝が異常になってしまい、脂漏性皮膚炎という症状で現れるようです。

私の場合、脂漏性皮膚炎の症状が出始めた月からダイエットを始めたので、毎日筋肉痛だったこともあり原因①ストレス(肉体的)は確実に当てはまっていました。

更にダイエットには必要不可欠なタンパク質はしっかり摂取していたのですが、このタンパク質を代謝・分解するためにビタミンB6が必要だったのに、摂取していませんでした。

加えて、運動時のエネルギーの代謝を高めるためにカラダは、ビタミンB2を使用します。なので原因②ビタミンB2・B6不足にも当てはまりました。

③・④は特に考え得る原因が無く、更に洗髪・入浴不足による⑤皮脂の貯留もチェックしてもらいましたが問題ありませんでした。(シャンプーしてすぐに受診してチェックしてもらいました。)

頭皮の脂漏性皮膚炎を治す!先生に言われた治し方

この脂漏性皮膚炎の原因を踏まえた上で、先生から処方された薬は「ステロイド剤」(炎症を抑える塗り薬)と、ビタミンB2不足から起こる目・皮膚・粘膜の炎症を和らげる飲み薬皮膚・粘膜・神経の炎症を改善する作用のある飲み薬の3つです。

この3つの薬の名前は、

・ワカデニン腸溶錠10㎎(飲み薬)
・リボビックス錠10㎎(飲み薬)
・アンフラベート0.05%ローション(塗り薬)

特に塗り薬のステロイド剤であるアンフラベートは強い薬なので、先生にしっかり使い方を聞いておきましょう。

頭皮の脂漏性皮膚炎は治らない市販薬よりも処方薬

私はこの3つの処方薬を使うことで、使用から4日目ほどで頭皮の赤みはさっぱり無くなってしまいました。フケやかゆみは治るのに更に3日間くらいを要しました。

加えて、先ほどの原因に挙げて当てはまったものに関してしっかり対策を行うことでぶり返すこともありませんでした。(主にビタミンB2・B6の栄養補給で皮膚を健康に管理)

もしまだ病院に行ってなくて、「市販薬を使っても脂漏性皮膚炎専用シャンプー(コラージュフルフルネクストやカダソン等)を使っても治らない!」という方は、病院に行き、現在の症状に合った薬を処方してもらいましょう!

その方が間違いなく私のようにひどい症状でもすぐに改善に向かっていくはずです。

よく聞かれた脂漏性皮膚炎の時のシャンプー

先ほどの原因の部分でもお話しした通り、シャンプーが悪かったわけではなかったのでそのままハーブガーデンシャンプーを使用していました。

参考記事⇒ハーブガーデンシャンプーを3ヶ月使ったレビュー評価と感想☆

ただし、先生からサンプルとしてコラージュフルフルネクストシャンプーをいただいたので、初めの2日間はこのシャンプーを使用してみました。

コラージュフルフルネクストシャンプーは髪の毛にはいいとは言えないものの、カビ菌を抑えてくれる抗菌成分ミコナゾール硝酸塩が配合されているものなので、脂漏性皮膚炎の時には使いやすいと思います。

かなりきしんでゴワゴワするので、常時使用するなら髪の毛のサラサラも保ちつつ、頭皮の健康も維持してくれるハーブガーデンのような無駄なものが入っていないシャンプーがいいですね。

また、当時は発売されていませんでしたが、最近では脂漏性皮膚炎専用シャンプーとして皮膚科の先生が監修したKADASON(カダソン)も発売されているので、気になる方はチェックしてみて下さい☆

参考⇒皮膚科専門医と開発したシャンプー【KADASON】の詳細はコチラ☆

ポイントまとめ

  • 脂漏性皮膚炎の疑いがあるならすぐに病院へ
  • 仕組みと原因を知って解決法を導く
  • 薬の使用はしっかり先生の話を聞く

という感じです。

先生にシャンプーのことも質問しましたが、よほどひどいシャンプーを使っていない限りは問題なさそうです。また、帽子を被るのであれば、通気性の良いものにした方がいいです。(夏場に冬用のニット帽を被ってたのもよくなかったかもしれないです…。)

もし頭皮の脂漏性皮膚炎になってしまったようであれば、一人で悩まずにすぐに皮膚科に行き、お医者さんに相談しましょう!ちなみに病院を選ぶときは、皮膚科のHPに行き、脂漏性皮膚炎のことについて詳しく書いてくれている先生だと、しっかり相談できると思います。

この記事を読んでくれた方におすすめの情報☆

ザックシャンプーの口コミは?髪の綺麗な芸能人も使う最高のサロン品質!

人気記事⇒天然系シャンプーランキング☆

ありがとうございました!

最後までご覧頂きありがとうございました!その他記事もぜひご覧ください♪SNSでシェアして頂けると非常に嬉しいです(●´ω`●)

↓↓↓Thank You For Your SHARING!!↓↓↓

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください