シャンプーでボロボロに傷んだ髪の毛を治す方法を紹介!市販・通販シャンプーの成分や口コミ等、ヘアケア・髪の毛情報満載☆

主治医が見つかる診療所・インナーマッスルの鍛え方は?高齢者でもできる!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

『主治医が見つかる診療所』で

特集されたインナーマッスルの筋トレ。

 

インナーマッスルを鍛えることで

転倒や内臓脂肪などを予防することができ

若い人だけでなく、中高年の方や高齢者に

勧められています。

 

主治医が見つかる診療所・インナーマッスル

インナーマッスルは、体の内部にある

姿勢やバランスを保つための筋肉です。

体の中心の筋肉なので体幹とも呼ばれます。

 

ダンサーやサッカー選手だけでなく

幅広い分野で注目される筋肉で、

パフォーマンスの良し悪しはもちろん

ケガのしやすさにも関わります。

スポンサーリンク

 

高齢者にも必要な理由

高齢者は筋肉が衰えやすいですが、

インナーマッスルは上腕二頭筋などの

アウターマッスル(外側の筋肉)よりも

先に衰えていきます

 

インナーマッスルが衰えると、

姿勢やバランスが崩れやすくなるので

転倒事故が増えたり、

内臓脂肪が増えるようになるんです。

 

転倒して背骨や足を骨折すると、

そのまま寝たきり状態になってしまうことも

高齢者の方には多いですよね。

そうならないためにも、日ごろから

インナーマッスルを鍛えることが

重要になってくるわけです。

 

高齢者でもできる鍛え方は?

『主治医が見つかる診療所』では

高齢者でもできるインナーマッスルの

鍛え方が詳しく説明されていました。

 

イスに座って手軽にできるやり方で、

インナーマッスルの腸腰筋腹横筋

鍛えることが出来ます。

 

主治医が見つかる診療所』に出演した

熊本大学教授でトレーニング科学が専門の

都竹医師は”4秒筋トレ”を提案しています。

3秒では効果が出にくく、

5秒では長すぎて疲れてしまうので

4秒の筋トレが適当なんだそうです。

 

高齢者のインナーマッスルのトレーニングは

本も出ているので参考にしてみてください。

本に載っているトレーニングも、

無理せず4秒でやると良いですよ。

おすすめトレーニング本はこちらです▽▽▽

つまずく・転ぶで寝たきりにならない体幹筋づくり

 

筋トレには食事も大事!

忘れてはいけないのは、

筋肉を作る食べ物を積極的に摂ることです。

 

『主治医が見つかる診療所』では

取り上げていませんでしたが、

たんぱく質を摂ることで

筋肉は非常につきやすくなります

 

豆腐や納豆、枝豆などの豆類や

脂身の少ない魚やささみがおすすめです。

たんぱく質と一緒に、ブロッコリー

摂るようにすると更に効果があります。

 

ブロッコリーには、たんぱく質の消化吸収を

良くする栄養が含まれているので

ボディビルダーなどの筋肉を育てる職の方も

積極的に摂取しているんです。

ぜひ心がけてみてください。

 

ポイントまとめ

インナーマッスルは、姿勢やバランスを

保つための筋肉で体の内側にあります。

鍛えることで、高齢者の転倒防止や

内臓脂肪の軽減に役立ちます。

 

鍛えるのは高齢者の方でも簡単にでき、

4秒かけてやることが推奨されます。

高齢者向けの簡単にしっかりとできる

トレ方法を書いてある本も出ているので、

高齢者の方や簡単に筋トレしたい方に

おすすめです。

最後までご覧頂きありがとうございます。

関連記事にも気になる資料がありましたら、

ぜひ覗いて行ってください^^

【関連記事】

紫外線による眼球の病気が怖い!予防対策や対処法をお伝えします

癌になりやすい人はチェック!遺伝子検査で予防方法がわかる!(食事改善etc)

夏バテを解消する食べ物!クエン酸・たんぱく質・ビタミンB1が良い理由!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください